頚椎捻挫症状・治療期間

頚椎捻挫の症状の特徴・基本的な治療法、治療期間、交通事故で多い頚椎損傷の解説。

頚椎捻挫の治療期間・2大症状の解説

 頚椎捻挫とは交通事故やスポーツなどで首に大きな外力がかかり、首の頚椎に衝撃をうけ、頚部が過度な後屈動作や回旋動作を強いられ際に発症する首の病気の一種です。

 頚椎捻挫の医学的な正式名称は「外傷性頸部症候群」と呼ばれますが、外傷性頸部症候群も俗に言われる「むち打ち症」などを含む広い範囲の首の病気の総称を示しております。

 頚椎捻挫は外傷性頸部症候群の分類の中ではやや軽い症状を示しており、実際に整形外科などで診察を受けた場合は診断書に「頚椎捻挫」と記載されるケースや「軽度外傷性頸部症候群」と記載されているケースも多くあります。

頚椎捻挫は軽視できない首の病気であることを忘れない

頚椎の構造図(イラスト図)

 頚椎捻挫はやや軽い症状を示すと言っても決して軽視できない首の疾患であることを把握しておく必要があります。

 頚椎の構造は第1頚椎である環椎から第7頚椎の隆椎まで計7つの頚椎で構成されており、頚椎から胸椎、胸椎から腰椎には多くの神経が張り巡らされております。

 足首などの捻挫の場合は、基本的に損傷部である足首そのものが痛みます。しかし、頚椎捻挫の場合は、この頚椎部に張り巡らされている神経を通じて、頭、首、腕、指先、背中、そして足先にまで痛みが生じる場合があります。

 また頚椎捻挫は、自覚症状も曖昧な部分も多く数日後に痛みが発生するようなケースもあるため、早期発見が難しい首の疾患でもあります。

 その為、少しでも首に不安を感じる場合は、何よりも先に必ず医師の診断を受けることが大切となります。