頚椎捻挫症状・治療期間

頚椎捻挫の症状の特徴・基本的な治療法、治療期間、交通事故で多い頚椎損傷の解説。

頚椎捻挫のリハビリの流れについて

 病院で「頚椎捻挫」、もしくは「外傷性頸部症候群」と診断された場合はアイシングや頸椎の安定を図るための固定措置などの治療を行いながら、頚部の炎症症状が収まってきた後にリハビリテーションを開始していく流れとなります。

 現在のリハビリテーションは、理学療法士が専門のプログラムに添ってリハビリを行ないますが、リハビリ施設を完備している病院施設はまだ多くありません。

 ですから頚椎捻挫の治療を行う際は、リハビリ施設などが併設されている病院を選択することもひとつの選択基準と考えてもよいでしょう。

 リハビリで行われるメニューは、症状によっても異なりますが基本的には首の可動範囲、動きをスムーズに戻すための「運動療法」と前項の頚椎捻挫治療の項でも解説した血行の促進を目的とする「温熱療法」が主体となります。

頸椎捻挫のリハビリの種類【画像】

※頚椎捻挫のリハビリは運動療法と温熱療法が主体

 運動療法では、ギプスや頚椎カラーなどの首の固定によって低下した首の筋肉を一定レベルにまで回復させていくことが目的にあります。

 同時に痛みなどで動かすことができなかった首の運動範囲を少しずつ広げる為に、ストレッチングを主体とした首まわりの筋肉組織の運動を少しずつ経過を確認しながら開始していきます。

 運動療法の流れとしては、リハビリ初期は首周りの筋肉のストレッチングを主体としたメニューからスタート。

 その後、徐々に首の可動範囲が回復してきた段階で首周りの筋力トレーニングを開始していきます。

 但し、筋力トレーニングと言ってもスポーツジムでバリバリと鍛えるようなトレーニングではなく、軽い負荷を用いて「正常時の運動機能」まで回復させるリハビリメニューが主体となります。

何故あたためるのか?リハビリ期の温熱療法の目的

 リハビリ期における温熱療法の目的は、純粋に血行の促進が最大の目的にあります。

 頚椎捻挫の発症直後は、血液が過度に集まるため、細胞組織が死滅していきます。

 その為、アイシングにより血行のめぐりをにぶらせます。

 しかし、内出血が収まった後は、今度は血行を高め、人間が本来持っている能力である「自然治癒力」を活性化させてあげるの必要があります。

 血行の促進は自然治癒力の活性化にもつながります。

 その為、リハビリ期間に入ると、血行を促進させる温熱療法が効果を発揮するのです。

リハビリ期は温熱療法が有効【画像】

 温熱療法と言っても、特別な事はなく、患部近辺を暖かいタオルで覆ってあげるだけでも、大きな効果が期待できます。

 病院に行って治療をせずとも、暖かいタオルを何度も当ててあげる事により、温熱療法の効果は十分期待できることを把握しておいて下さい。

首の痛みが再発するケースについて

 リハビリを開始すると、数日後に首周りに痛みが再発するケースがあります。

 この痛みの原因は患部に炎症を再発している場合と、筋肉痛による痛みの再発の2つの原因が考えられます。

 頚椎カラーなどで首の固定を長期的に行なっていた場合、リハビリでは首周りの筋力強化、すなわち前述した運動療法の実施は不可欠です。

 低下してしまった筋力を意図的に使用することで首周りの筋肉が少しずつ頚椎捻挫を発症する以前のレベルにまで高めていくことができる訳です。

 しかし痛みの程度が強く再発するケースでは、首の運動に対して強い反応を示し炎症症状が強く出てしまうケースもある為、この場合は再度アイシングなどを行いながら徐々にリハビリを継続していくことになりますので完治までは根気も必要です。

 痛みの再発はどのような怪我のリハビリでも起こりうるものであり、またリハビリでは一定の負荷を加えていくことが基本でもあるため理学療法士がすすめるプログラム自体に問題があると一概に決めてはいけません。

 但し、痛みの再発を確認した際は、状況を速やかに報告し双方が状況を把握した上で今後のリハビリ方針を確認しながら進めていく事が重要です。