頚椎捻挫症状・治療期間

頚椎捻挫の症状の特徴・基本的な治療法、治療期間、交通事故で多い頚椎損傷の解説。

頚椎捻挫症状・治療期間【サイトマップ】

2大症状の現れ方
 頚椎捻挫は頚部に強い外力を受けることによって発症する特徴をもつ首の筋肉、神経部に影響を及ぼす首の病気のひとつです。ではここで、頚椎捻挫の主な症状の特徴について確認しておきましょう。頚椎捻挫を発症した際に現れる代表的な症状の特徴として以下のような症状を発症しやすい傾向…⇒続きを見る

頚椎捻挫の治療期間・回復期間
 頚椎捻挫を発症してしまった場合、いったいどの程度の期間の治療が必要となるのでしょうか?交通事故や激しい衝突等によって発症する俗に言ばれる「ムチウチ症」は、基本的に長期的な治療期間が必要です。中でも頚椎捻挫の場合は、症状の度合いによって一定期間の治療期間を考慮することが重要です。尚、頚椎捻挫の治療期間のおおよその目安を以下にまとめておきます…⇒続きを見る

リハビリと痛みの再発の原因
 病院で頚椎捻挫、もしくは外傷性頸部症候群と診断された場合はアイシングや固定などの治療を行いながら、頚部の炎症症状が収まってきた後にリハビリテーションを開始していく流れとなります。現在のリハビリテーションは、理学療法士が専門のプログラムに添ってリハビリを行ないますが、リハビリ施設を完備している病院施設はまだ多くありません。ですから頚椎捻挫の治療を行う際は、リハビリ施設などが併設されている病院を選択することもひとつの選択基準…⇒続きを見る

交通事故・慰謝料問題
 頚椎捻挫を発症するパターンの代表として、交通事故による頚椎捻挫があります。交通事故の場合は、その度合いにもよりますが、かなり大きな衝撃が頚椎に負担をかけ、長期的な治療が必要になる場合があるので注意が必要です。特に交通事故の場合は頚椎捻挫を発症するおよそ9割が後方から追突された側に発症し、また事故から数日経過した段階で自覚症状を発症し始めるという特徴…⇒続きを見る