捻挫なび

足首の捻挫の腫れ症状の治療法・予防方法、足首捻挫のテーピング方法を初心者向きにわかりやすく解説しております。

足首捻挫の治療法【サイトマップ】

捻挫とはどのような症状のこと?
 足首の捻挫とは、スポーツ競技中などに足関節に対して大きな外力が働く、もしくは加わった際に、足首の関節が正常な可動範囲を超えて引き伸ばされてしまった際に、関節を安定させる働きをもつ靭帯組織…⇒続きを見る

捻挫はスポーツ障害No1の発症率!
 捻挫はスポーツアスリートが発症するスポーツ障害の中でも、統計的に最も多い障害とされていて、実に9割以上のアスリートが、一度は捻挫を体験していると言われております。中でも足首の捻挫は、人体に無数にある靭帯の中でも…⇒続きを見る

捻挫発症後の症状の経過について
 足首捻挫発症後の症状の経過について見ていきましょう。まず足関節を捻ってしまった場合、捻挫障害を発生した直後から、患部に内出血が発生しはじめるようになります。この内出血のスピード及び量は、重度の捻挫症状であるほど…⇒続きを見る

内出血の部位から症状を判別する
 足首捻挫の内出血症状は、その発症部位から症状をある程度の範囲で判別することが出来ます。足首捻挫の内出血の特徴として、内反捻挫の場合は、足首の外くるぶし近辺が内出血により、大きく腫れ上がります。 内反捻挫は足関節の構造上からも最も発症しやすい捻挫であり、足を内側に捻る事によって発症した捻挫は内反捻挫に分類…⇒続きを見る

内反捻挫とは?
 内反捻挫とは、足関節を内側に捻ることによって発症する足首関節の捻挫のことを言います。足首捻挫の大半は、この内反捻挫を発症するケースが多く、発症後はくるぶしの外側に内出血による腫れが確認されます。 内反捻挫によって足首のくるぶし側が腫れてくる原因は、足関節を構成している靭帯組織の中でも前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)と呼ばれる靭帯に部分的な断裂症状を発症している…⇒続きを見る

内反捻挫の特徴と注意点について
 内反捻挫の特徴と注意点について解説します。内反捻挫は、外反捻挫と比較すると、競技までの復帰に時間があまりかからないケースも多く重度の捻挫になりにくい傾向をもつ捻挫です。しかし、足関節の構造上、内反捻挫は発症しやすい傾向にあることから捻挫がくせになってしまうという特徴も持っております。足関節の捻挫を繰り返すと、足関節を支えている靭帯組織…⇒続きを見る

外反捻挫の症状について
 外反捻挫とは、内反捻挫が足関節を内側に捻るのに対して、外側に捻ることによって発症する足首関節の捻挫のことを言います。足首捻挫の中では、比較的発症するケースが少ないタイプの捻挫であり、発症後はくるぶしの内側に内出血による腫れが確認されるケースが多くあります。外反捻挫は、内反捻挫と比較すると…⇒続きを見る

外反捻挫の特徴と注意点
 外反捻挫の特徴と注意点について解説します。外反捻挫は、前項でも解説したとおり、大きな外力が加わることによって発症する捻挫です。内反捻挫は、ただ歩いているだけでも、つまづいた際に、軽い捻挫を発症することが実際にあります。しかし、外反捻挫の場合は足関節に対して、「つまづいた程度の軽い外力」では…⇒続きを見る

内出血はなぜ起こるの?
 足首捻挫を発症すると、必ず傷ついた靭帯組織部分に内出血が発生します。では、この内出血はなぜおこるのでしょうか?実はこの内出血は、人間が生まれながらにしてもっている自然治癒力の働きによって内出血がおこっているのです。ですから内出血が起きるのは正常な反応であり自然治癒力がしっかりと働いている証拠…⇒続きを見る

内出血の注意点について
 内出血の発生は前項で解説したとおり「自然治癒力」が働いている証拠です。尚、重度の捻挫となると、内出血の量も大きくなり、患部に大量の血液が集まります。こうして大量に集まった血液は、たくさんの酸素を消費してしまいます。酸素は血液中のヘモグロビンに結びつく形で体循環の過程で各臓器や細胞組織に心臓から送り届けられております。大きな内出血が発生すると血液は患部に集中し、患部周辺組織は大量の酸素を消費します。この大量の酸素の消費の問題は実は深刻な問題…⇒続きを見る

足首捻挫治療の9割は応急処置による
 足首捻挫を発症してしまった場合は、何よりもまず応急処置を、的確に、かつ素早く行うことが重要です。足首捻挫の治療の根本は…⇒続きを見る

足首捻挫の応急処置方法(RICE処置)
 足首捻挫の応急処置方法を解説します。足関節の捻挫の応急処置はRICE処置を根本に治療を行っていくことになります。RICE処置とは、米国発症の応急処置技術で、その頭文字から名称…⇒続きを見る

足首捻挫を発症する主なスポーツ競技
 足首捻挫を発症する主なスポーツ競技は以下となります。●バスケットボール●バレーボール●ハンドボール●野球●サッカー●バドミントン●テニス●スカッシュ●柔道●ラグビー●相撲●アメリカンフットボール…⇒続きを見る

試合中に捻挫を発症してしまった場合
 バスケットボールや、バレーボールなどのゲーム中、足首捻挫を発症してしまったアスリートがそのゲーム内に復帰をしている場面をよく見かけます。このようなケースでは、ゲーム中に足首をテーピングでガチガチに固めて固定した状態ですぐに復帰しているパターンが大半です。特にエース級のプレイヤーやキャプテンを務める選手にはこのような傾向が良く見られます。責任感のあることはすばらしい事ですし、最終的には監督や個人が決めるべき問題であり第三者がとやかく言う問題ではありません。そこに大会に至るまでの経緯。普段の練習から長時間に渡って培ってきた信頼関係など回りからは見えない要素…⇒続きを見る

ゲームへの復帰の判断について
 足首捻挫を発症した場合は、足首の関節がぐらぐらと固定されていない状態です。例えテーピングで固めたとしても、この関節のぐらつきはその場で戻ることはまずありません。もしここで、再度捻挫を発症した場合は、最悪の場合は骨折につながる危険性を持っています。また、足首をかばう事から、膝や腰に不自然な負担をかけてしまう事も考えられます。関節とは、人体のジョイント部分にあたります。車で例えればボルトが緩んでいるタイヤでレースをするのと同じ原理なのです。ゲームへの復帰は、最終的に…⇒続きを見る

整形外科による足関節のチェックについて
 足首捻挫は、頻繁に発症するスポーツ障害ですが、応急処置によっては比較的早い段階で競技に復帰出来る可能性の高い障害ともいえます。とは言え、長年スポーツをされている方であれば既に体験されている方も多いと思いますが足首捻挫はクセになる障害でもあります。足首捻挫を頻繁に繰り返すようになると、足首の関節を支えている靭帯が、少しずつ完全に戻らずに軽く伸びてしまっている状態…⇒続きを見る

足首捻挫の予防について
 足首捻挫を防ぐことは正直できません。これは、足首捻挫が外力によって引き起こされる障害である為です。その点から言えば、オーバーユース系の障害とは異なり、発症してしまう事を前提に取り組んでいく必要がある障害と言えます。しかし、100%防ぐことは不可能だとしても普段から足首の捻挫を発症しないように予防をしておく事は可能です。足首捻挫の予防としては、関節を固定する器具を使用したり、テーピングであらかじめ…⇒続きを見る

テーピングによる予防について
 足首捻挫の予防法として最も行われている対策のひとつが、「テーピング」による捻挫の予防です。スポーツテーピングでは、応急処置のテーピング・予防としてのテーピングの2種類のテーピング方法が存在…⇒続きを見る

タオルギャザーについて
 足首捻挫のリハビリ方法のひとつとして、タオルギャザーがあります。これは、足裏のアーチをつかさどる下腿の筋肉郡の筋力低下を防止するトレーニングでアーチを強く保ち、シンスプリントなどの予防にも効果のあるトレーニングです。捻挫の治療期間中にタオルギャザーを実践することによって…⇒続きを見る

タオルギャザーの方法について
 タオルギャザーの実践方法について見ていきましょう。やり方はとても簡単で準備するものはタオルと重りとして使用できるものがあればOKです。まず地面にタオルを置き、そのタオルの前方に本など軽い錘をのせます。そして、そのタオルの手前側を足の指だけでつかみ、手前に引いていくトレーニングです。タオルを引っ張りきって、足指に錘がついたら1セット終了…⇒続きを見る

水中歩行について
 足首捻挫のリハビリ方法の有効なリハビリテーションメニューのひとつに前項で解説したタオルギャザーに加えて水中歩行があげられます。足首捻挫を発症後、地面に足をついても痛みが生じない程度まで回復してきたら、筋力を落とさない程度のリハビリ を開始する事が、競技復帰の際の・・・・

⇒続きを見る

水中歩行の魅力と効果について
 足首捻挫のリハビリテーションとして水中歩行によるリハビリテーションが非常に良い点は、足関節への負荷が少なくかつ運動量を稼ぐ事ができる点にあります。水中では、重力が地上に比べ10分の1になります。これは水の特性である浮力が働く為です。月では重力が6分の1になると言われますが、更に軽い重力…⇒続きを見る